葬儀用語辞典

葬儀・お葬式・家族葬・火葬式のさくら葬祭。さいたま市を中心に埼玉県全域に対応しております。

葬儀・家族葬の事ならさいたま市の葬儀社 さくら葬祭 無料霊安室 完備しております

病院などでお亡くなりの場合に、
「 事情があり家に連れて帰れないので、葬儀を執り行うまでの間は、
どこかで故人を預かってもらいたいのですが 、お願いできますか?」
などの、ご相談をよくいただきます。
いろいろな事情もあり、そのような事は仕方がない事と思います。
もちろん、そのようなご依頼があれば
当社の霊安室でお預かりさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

葬儀費用、お葬式に関する事前相談・お見積りなどお気軽にお電話ください。フリーダイヤル:0120-39-1594 HPからのご相談はこちら
さくら葬祭葬儀用語辞典命日 (めいにち)

命日 (めいにち)

命日(めいにち、deathday)とは、ある人が死んだ日をいう。忌日(きにち)ともいう。法律用語では死亡年月日または没年月日。対義語は誕生日。

 

通常は、一周忌以後の当月の命日である「祥月命日(しょうつきめいにち)」をさすことが多い。また、月ごとの命日を「月命日(つきめいにち)」という。 日本の仏教では、年12回の月命日に故人の供養を行い、一定の年数の命日には年忌法要(法事)が営まれる。(年忌法要一覧を参照。) 五十回忌以降は、50年毎に行っていたが、近年では、三十三回忌または五十回忌をもって「弔い上げ」(戒名を過去帳に移し、お骨を土に返す)とするのが一般的になって来た。

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TOP