葬儀用語辞典

葬儀・お葬式・家族葬・火葬式のさくら葬祭。さいたま市を中心に埼玉県全域に対応しております。

葬儀・家族葬の事ならさいたま市の葬儀社 さくら葬祭 無料霊安室 完備しております

病院などでお亡くなりの場合に、
「 事情があり家に連れて帰れないので、葬儀を執り行うまでの間は、
どこかで故人を預かってもらいたいのですが 、お願いできますか?」
などの、ご相談をよくいただきます。
いろいろな事情もあり、そのような事は仕方がない事と思います。
もちろん、そのようなご依頼があれば
当社の霊安室でお預かりさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

葬儀費用、お葬式に関する事前相談・お見積りなどお気軽にお電話ください。フリーダイヤル:0120-39-1594 HPからのご相談はこちら
さくら葬祭葬儀用語辞典火葬 (かそう)

火葬 (かそう)

火葬(かそう)は、遺体を葬るための処理の一つで、遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体。

 

火葬をおこなう施設や建築物を火葬場と呼ぶ。日本では、火葬の後の「焼骨」は骨壷に収(拾)骨され、土中に埋葬(法律的には「焼骨の埋蔵」)されるか、納骨堂等に収蔵されることになる(墓地、埋葬等に関する法律第2条)。従って、「葬儀の方法の一つ」というよりも、その、一過程であるという考え方もある。また、安定化、減容化処理の方法と言うことも出来る。公衆衛生的な利益と言う面も見逃せない。廃棄物の衛生的処理と同じ考え方とも言える。死体がいわゆる「生ゴミ」と全く同じ性質のものであるからだ。 散骨される場合もあるが、現在では条例等により禁止・規制している地方公共団体も出現している。

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TOP